読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

供述調書

恋愛猥褻罪を犯した男女の取り調べ日記

寂しさとの付き合い方

「寂しい…」 

 

こう思う時が誰しも少なからずあるのではないか。

 

そう、かくいう僕自身も今絶賛寂しさに刈られているのは言うまでもない。

 

情けない、実に情けない!

 

「大の大人が何だ?寂しいだ?寝言は寝て言えよ!くそ野郎!」という輩が早速いるかもしれない。

 

でも大人だって寂しい時くらいあるんじゃないか。

そんな時大人たちはどう寂しさと付き合っているのだろう。

 

冷静に考えてみると

僕たちがこの世に生を授かった時から寂しさとの戦いは始まる。実に根の深い戦いなのだ。

 

赤ん坊は泣くことで自分の存在を親たちに気づかせる。

寂しいから泣くのではないかもしれない、

①おっぱいが飲みたい

②オムツの中がうんちまみれで気持ち悪い

③眠たいのにうまく寝付けない

こんな時もあるだろう。

※今、泣いておっぱいに触れられるのなら迷わず泣く。大声で咽び泣く。のたうち回りながら泣き続ける。

 

でもこれらに通ずるものは、やはり寂しさである。

 

空腹で今にも気が狂いそうなのにその横で

母親は有り余る乳房(ちぶさ)と乳の液を父親に惜しみもなく注いでいる、

 

「僕のおっぱい!」

 

そう、赤ん坊の涙は自分の空腹に気づいてもらえない寂しさ故の涙。おっぱいの為の涙。

 

糞尿まみれのお尻に気づいてもらえない寂しさ。うんちの為の涙。

 

こうして赤ちゃんは寂しさを自らの生命を脅かす敵としてとらえ、泣くということで周囲に救いを求める。

 

自分に新しい弟、妹が出来た時。

またこれも寂しさとの戦いだ。

今まで一身に注がれ、自分だけに向けられていた父、母、じいじばぁばの愛が奪われていく。

 

「○○くんはお兄ちゃんだからちょっとくらい我慢できるよね~」

 

そんな風に諭されながら、指を加えたまま自分への興味、感心が波のようにサーっと引いていくように感じる。

 

自分の方が先にその膣から出てきたんだ!

お前が通ってきたその(産)道は俺が先に通ったんだ!坊や通行料ってわかるかい?

 

とつぶやき、長年吸い殻からの煙で黄ばんだバーの天井を見上げながらバカラのグラスに入ったオンザロックをゆっくり右手で回す。

 

そう、自分に向けられていた愛が離れていくと感じた時、感心をよせてもらえなくなった時、人はまた寂しさを呪う。

 

また時が経ち恋をし、初めて彼女彼氏が出来る。

性の悦びを知ると同時にまたしても寂しさと嫉妬に苛まされ僕らは生きてきた。

 

独占したい。もう同じてつは踏まない。

おれが独占したるんや!出雲駅のわんこそば並みに俺が買い占めたるんや(桃鉄知らない人はごめんなさい)

と、息を荒げ、チンのポーとマンのピーで馬鹿になる。

 

人生初めてのセックスで女をイカせて煙草に火をつけるようなハードボイルドたちはこの世に存在しない。

 

かくいう僕も中学生、高校生の時分の恋は甘酸っぱく目も当てられない程に恥ずかしい。

※今も恥態をさらしているという意味では変わりはないが…

 

彼女が男の先輩や友達と話すだけでやきもちをやき、携帯の待ち受けにしていた二人のプリ画像がベッカムに変わったことにショックを受けた。

 ※ベッカムヘアーが一世を風靡し、その甘いマスクに日本中が湧いた中、「ベッカム氏ね!」という言葉を吐いた日本人はおそらく僕が初めてなのではないか。

 

耐え忍ぶことをせず、自分を省みることもせず、彼女に「会いたい」だの「好き」だの自分の一方的な感情を押しつけていた。

 

寂しさから逃れたいという気持ちが、独占という言葉に変わっただけで、何も変わらず一時の心の平静を保っていた。

 

寂しさから逃れようとすればするほど

自分の気持ちを一方的に押し付ければ押し付けるほど彼女たちは僕から去っていった。

 

そして数々の失敗から人は学ぶ。

 

僕たちは社会に出て、仕事をし、自分が働いて産み出した何かしらの価値に等しいだけのお金を得る。

 

そこにはモラルやマナーというものが存在し、相手をおもんばかる心があり、建前という美徳があり、特に日本では個よりも集団の輪を重んじる。

 

こうして僕らはその場に合わせ耐え忍ぶことを学ぶ。

 

並行してプライベートにおいても好きになる相手や、タイプや理想、相手との距離感も変わってくる。

相手を思いやることを知る。

 

仕事でも趣味でも何かに熱中し、寂しさなんて感じないこともあるだろう。

 

スマートな男に憧れ、

自分の感情をいたずらにさらけ出すことをやめた。

 

そうすると不思議なことに、何故か自分が求められる側に変わっていた。

 

無闇にやきもちをやくことをやめると、自分がやきもちをやかれる方になった。

 

好き好き散らかすのを辞め、場をえらんで伝えると、自分が好き好き言われるようになった。

 

こうして僕は相手から求められることで寂しさと決別した。  

いや、つもりになっていた。

 

表面上はそうでも、内面は何も変わっていないような気がする。

 

彼女「今日は友達と飲んで泊まりにいくね」

 

僕「うん、仕事も毎日頑張ってるんだから今日は美味しいもの食べて飲んで沢山笑って楽しんでおいで(ニコッ)」

 

脳内(えっ、誰と?男?泊まり?なんかいつもより露出多くない?えっ、まさかパンパン?)

 

僕は自分が求められることで寂しさを見てみぬフリをしていただけで、寂しさという黒いものを明るい部屋からただ暗い部屋に移しただけであり、追いやったつもりが実は同じ部屋にずっと一緒にいたのだ。

 

寂しさからの解放、これは自分が永い眠りにつくまでつきまとう永遠のテーマのような気がする。

 

もちろん寂しさにも色んな寂しさがある。

 

家族や友達やペットを亡くした時、

地元を離れる時、

恋人と別れた時、

一人で立ち寄ったお店で隣で楽しそうな他人を見た時、

残業でクタクタになって会社を出て冷たい風の中駅まで歩く時、

真っ暗な散らかった部屋に帰ってきた時、

「ただいま」と誰もいないのに声を出してみた時、

ふとんの中に入って横に柔らかい肌の彼女がいればいいななんて思う時。

 

自分の生き方次第で寂しいと思うことがこの先増えるのかもしれないし、減るのかもしれない。

 

単純に年を重ねていけばいつしか死別という形で別れを迎えることも増えると思う。

 

やっぱりどんな相手であれ、自分の人生のなかに登場してくれた相手にどう頑張っても2度と会えない、顔すら見れないと思うと寂しいと思ってしまうのではないだろうか。

 

でも明確なことは、

寂しいと思う場面に遭遇した時、

僕たちはそれを口にする機会が

減っていくということだと思う。

 

言葉に出さない代わりに

歳をとって涙もろくなるというのはよく聞く話だが、そこで流す涙は自分が赤ちゃんの時に流した涙とは別のものだろう。

 

抱えたもの封じ込めたもの見ないようにしてたもの、それらが溢れた時に涙を流すことで自分の中のバラススを保っているのかもしれない。

 

自分の寂しさを誰かや何かに押し付けるのは簡単だが、自分で噛み砕いて向き合っていくのは難しい。

 

 

家族や友達と過ごす時間を作るもよし

一心不乱に汗を流すもよし

お酒の力を借りるのもよし

仕事に没頭するもよし

 

そして自分の寂しさと向き合ってくれる人やモノは自分自身を除くと本当にに希少であることに気付くし、換えがたいものだ。

 

何気ない一言に救われることもあるだろうし

逆に突き放してくれることで強くなることもあると思う。

 

だから誰にも相手にされない、

自分は1人だと感じる時、

そういう時こそ誰かに優しくありたい。

 

 

 

 

 

 

 

初めてのナンパ ~やきそばパン~

僕がナンパというものを身近に感じたのは

初めて致した彼女(前回記事)と別れてまもない高校2年の夏だった。

 

その日僕らは地元のショッピングモールにいた。

そのショッピングモールは百貨店と併設しており、老若男女、市民の集う憩いの場だ。

 

その日は中学時代の悪友たちとショッピングモール内のゲーセンに集まっていた。

 

※ちょっと分かりづらいので勝手にあだ名をつけることにする

 

友人A(ホスト)…

悪ノリ大好き。超ドSな俺様キャラ。

完全ないじり役。地元のヤンキー高校に通い

中退後、ホストになる。槍珍。今はハゲ。

f:id:ricericeman:20170116230053j:image

 

友人B (笛男)…

乗っかるタイプ。

アクティブな非モテ。中学時代に20人くらいに告白し、成功率10%、口癖は「とりあえず告る」

複雑な家庭環境に育ち、深夜、リコーダーを局部に突っ込んだまま抜けなくなり救急搬送された姉をもつ。

f:id:ricericeman:20170116230113j:image

 

友人C(燻製)…

いじられ、ボケ担当。奥手。

キレイな顔立ちだが、背が低くガリガリ40~45キロ(大人になっても変わっていない)で、未だに自分より体重の軽い女の子と付き合ったことがない。燻製のようなイチモツをもつ。

f:id:ricericeman:20170116230147j:image

 

ぼく(恋愛警察)

ツッコミ役。良くも悪くもまとめ役。

 

地元の高校生たちが集まる場所は限られていた為、いつもそこに行けば誰かしら知り合いに遭遇し、談笑しては格闘やシューティングゲームを競い合ったりしていた。

 

しかし、この日は違った。

僕ら四人は別々の高校(告男はフリーター)に通っており、普通であればそれぞれの高校の同級生たちに出くわしてもいいのだが、この日は誰とも遭遇せず、時間を持てあましていた。

 

そこでホストがこんな提案を始めた。 

 

ホス「今からじゃん負けがプリクラ撮りにきた女の子たちに声を掛けようや!」

 

笛「無理やろ?でもちょいおもろそーやな」

 

燻製「…」

 

ぼく「まぁ暇だし!やってみるか…」

 

‘’このじゃんけんは命に変えてでも勝たなければならぬ。‘’

そんな先祖からの声が聞こえたような気がした。

切なる願いを込めて臨んだ一瞬の死闘。 

 

「最初はグー。じゃんけん!ほいっっ!!」

 

恐る恐る閉じた目を明けると…

 

 

 

負けたのは燻製だった。

 

ホス「ほら!燻製!はよ行ってこいや!」

 

燻製「いや、まじ無理やって!チクショー」

 

そこからなんと燻製は約5時間ゲーセンの中を徘徊し、「あと少しだった」という謎の宣言を残し結局ひと声もかけぬまま帰っていった。

 

そして僕たちは苛つきを隠しきれないまま燻製を見守り、時には煽り、罵り帰路についた。

 

帰りの電車の中、なぜか僕は勃起していた。

 

なんの勃起なのかわからない。

パンパンに膨らんだ‘’おともだち‘’を僕は注意深く、ただ睨み付けていた。

 

そしてふと我に返り、恥ずかしさのあまり

 

「誤解です!ポケットに焼きそばパンを入れています!」


f:id:ricericeman:20170117010057j:image

 

こんな貼り紙がどこかに落ちていればいいのにと僕は自分の不運を呪った。

 

ポケットに手を突っ込み

半ば強引に‘’おともだち‘’の頭部を掴み、斜めに斜めに押さえつけていた。

 

そこで僕はこの‘’焼きそばパン‘’の原因がわかったような気がしていた。

 

それは、もしじゃんけんに負けていたら自分は5分もあればいけるのではないかという何の根拠もない想いが熱く静かに芽生え始めていることを感じたのだった。

 

僕らはその後この遊びを繰り返し

そして数日後…

ついにその時は訪れた。

 

じゃんけんに負けた…。

 

僕はその日が来るまで何度も何度もイメージを練っていた。 

 

しかし、いざその時がやってくると…

頭が真っ白になっていた。

どう声をかけていいかわからない、

どう近づいて女の子との間合いを詰めていくのかわからない。

クラスでは普通に女友達なんかとしゃべっているはずなのに!

つい何ヵ月前まで彼女がいたのに!

おれはどうしちまったんだ!!

 

 

「人は極度の緊張の中では無力である」

 

それは、数々のAVを見続け、

「おれほど予習をした男はいない」と豪語し、

初めてのセックスでバックに挑んだ際、

自分の手の置き所が分からなくなり

自らの腰に両手を当ててピストンし、

そのおぞましい姿の気持ち悪さ故にフラレた

大学時代それまで童貞だった友人が残した言葉だ。

 

 

しかし持ち前の(?)人あたりのよさが功を奏し、僕の初ナンパは30分程度で終わった。

 

「このへんでこんくらいの小さいおっさん見んかった?」

 

これが僕の初めてのオープナーだ。

 

※オープナー…ナンパの第一声のこと

 

 

声をかけたのは僕らの地元では有名な高校、

そこに通う二人組の女子だった。

 

広い心で何人も愛し、疑う心と知性は持たず、異性に寛容であり、慈悲深い女子たちが通うという高校。

 

いわゆるオサセな女の子たちが多いということで有名なH高校の女子たちだった。

 

「そんなバカな!」と思われるかもしれないが、奇跡的に掴みはバッチリだった。

 

女A「えー!何それー!見たことないしーw」

女B「ちっさすぎだしーww」

 

果たして本当に小さいのはおっさんなのかマイサン(愚息)なのか、そんなことはどうでもよい。

 

何やら楽しげに話す僕らを見て、ホストとリコーダーが援軍にかけつけてくれた。

 

ホス「えっ?警察(ぼく)の知り合い?」 

笛「めちゃかわいいじゃん!プリクラでも撮るん?」

ぼく「んじゃ記念にプリクラ撮ろうや!おれら出すから」

 

10数年前、プリクラが300円か400円か定かではなかった時代。

かつては400円で幸せを買えた。

400円で眩しいトキメキを覚えた。

400円でその裏側に企み等1ミリも感じさせない女子たちの笑顔が見れた時代。

 

昔は150円で煙草を(ry

 

チッチッチッ!過ぎた話はもうよそう…

 

僕らは今を生きているのだから。

 

 こうして、僕の人生初ナンパはプリクラを一緒に撮るという爪痕を残し(結果的には数ヶ月後ホストがそのうちの一人とおセッ)、甘酸っぱい思い出と引き換えに僕の中で何かが消え失せ、何かが産声をあげた。

 

そして今までいくばくかの女の子たちと出会い、そしてその数倍以上の冷たい視線や言葉を浴び、今日に至る。

 

ナンパについては否定的な意見が多いとは思うけども、ひとつだけ言えるとすれば「ナンパは出会いのひとつにすぎない」ということ。

 

良いも悪いも出会ってから何かしらの物語が始まる。

 

選ぶこと 人生はうなぎ丼

選んで生きてきた。

 

学校も職場も友達や彼女も。

朝、眠気眼をこすりながら袖を通したシャツも、

昼、行列を避けながら食べたランチも

夜、仕事帰りに見た映画まで。

 

人生を左右するような岐路にたち、

何日も頭を抱えた選択も

コンビニで思わず手にとったお菓子みたいに取るに足らない小さな選択も

全部自分の意思で選んできた。

 

時には僕が選んでも、選ばれないこともあった。

学校や企業、好きだった女の子、疎遠になっていった友達。

 

こと恋愛に関しては選ばれないことのほうが多かったのではないだろうか。涙。

 

でも「恋愛は日常に刺激を与えてくれる」

 

そろそろ所帯を持ってもいい歳にさしかかる

男の言うセリフではないが…。

 

あるお笑い芸人がテレビでこんなことを言っていた。

「自分が重箱に敷き詰められた真っ白なごはんなら、おっぱい(=女性)が鰻であり、趣味や仕事は山椒(=スパイス)だ。忙しいからとか趣味のほうが楽しいからと言って女性を避けていく生き方は山椒ばっかり食べてるようなもんだ」と。

 

この方である。


f:id:ricericeman:20170114125914j:image

僕もこの意見には賛成だ。

でもこれから先、自分の人生の鰻が「おっぱい」であり続けていくのはなんとも寂しいような気もする。

 

僕は決して婚前交渉を忌み嫌う村で育ち戒律を律儀に守り続ける童貞でもなければ、ちんこが女の唾液と涙にまみれた鬼畜なヤリチンでもない。

ナンパやデートが好きというだけの

肩書きでいうとどこにでもいるアラサーのサラリーマンの男である。

 

僕は14歳だった中2の秋に同じ中学の同級生だった女の子と初めてお付き合いをした。

男女数人で行ったカラオケの部屋で二人きりにされ、「好きです!おれと付き合ってや!」と言ったはいいものの、緊張して右手に握りしめていたマイクを使い、声を大にして想いを告げたのは未だに謎である。

 

もしかしたら昼時だっただけに「付き合ってくれるかな?」→

f:id:ricericeman:20170114132300j:image

こんな流れを期待していたのだろうか。

おー怖っ!

 

そして、僕たちは付き合うこととなり、

目もあてられないほどの眩しい月日を過ごした。

放課後に四つ葉のクローバーを二人で二時間程探したこともあった。

当時流行っていた浜崎あゆみの歌なんかをイヤホンを分け合いながら聴いた。

手紙も沢山かいた。もし今の自分がその手紙を見たらどんなリアクションをとるのだろうか。

 

そして約1年半の時を経て中3の2月、

母子家庭だった彼女の家に転がり込み、僕たちは禍々しいお互いの性器を接触させた。

歴史で言うところのいわゆる「人類がはじめて火を使った瞬間」である。

僕たちにとっての初めての点火は、

わずか数秒で終わったのはなんとも趣深い。 

(俗に言う みこすり何とかである。)

 

僕たち、いや…訂正する。

僕は、やり場のない欲望をそこはかとなくたぎらせていた。

 

「エッチなことがしたい!」

 

それはまるで「マンモスの生肉ばかりもう飽きた、おいしいものを食べたい!」

「洞窟の中は寒い!早く春よ来い!」と祈る

原人たちとあい通ずるものがあった。

 

エッチなことがしたいという日に日に募る強い感情とはうらはらに、僕は自分の「生肉」を調理しきれずにいた。

いつも見つめては磨き、磨いては腐らせてを繰り返していた。磨きすぎてティッシュだけがいたずらに消費された。

 

そんな中、この「火の使用」は革命をおこした。

以降、僕らは…ここは訂正しない。

僕たちは度々「火を起こした」。

調理方法の幅が広がり、生肉を焼いたり炙ったり燻したり(挿入、口淫、手淫)した。

雲ひとつない青空の下、調理するこもあった。

 

そして爽やかな緑たちがそよ風にゆれる高2の春まで僕たちは火を起こし続け、そして別れた。

 

彼女と別れるという選択をしたあの日から

今日という日を迎えるまでに数えきれないくらいの選択を繰り返してきたと思う。

 

取るに足らない些細な選択の連続が、結果奇跡的な出来事につながったこともあった。 

(あの日あの時あの場所で~的な出会いなど) 

 

良いこともあれば悪いこともある。

でも自分が決めたのだから文句は言えない。

カッコはつけたいけど、少なからずその選択をしてしまった自分を受け入れれず、後悔した(している)選択も沢山あった。

 

今日初めてこのブログをかいた。

 

この選択が自分にとってどういう結果となって返ってくるのかは未知数だが、

 

「ちんこ握るよりペン握れ」

「マスをかくよりブログかけ」

 

ギリシャの哲学者も言ったことだし(適当)、

気の向くままにやっていこうと思う。